コンタクトレンズの使用方法を再確認

レンズクイックを利用しようという人であれば、通常ならばコンタクトレンズの使い方も分かっているはずです。
しかし、意外にも大事なポイントを見落としている場合もありますから、確認したい点も踏まえて使用方法を記してみましょう。

・コンタクトレンズを着けたり外すには

レンズクイックで購入したもののみならず、コンタクトレンズの装着や外す際には、どうしてもレンズを指でいじることにはなるはずです。
やはり指や手は清潔にしておくべきで、ハンドクリームなども付いたままにはするべきではないでしょう。
コンタクトレンズを触るのであれば、清潔な手と指で、というわけです。
レンズの装着に関しては、汚れやホコリなどが付いていないかチェックすべきでしょう。
そして、しっかり黒目の上に乗せたいものですから、横着せずにまぶたを指で開いた上で行うべきです。
その上で黒目の上にそっと乗せ、ゆっくりしたまばたきでレンズが外れてしまうことを避けます。
逆にコンタクトレンズを外すときも同様で、まぶたを指で開き、外しやすい状態にするのが望ましいです。
その上で親指と人差し指でコンタクトレンズ軽くつまみ、レンズや目を傷つけないようにしながら外します。
そのため、爪が短いことも使用方法での注意点とはなるでしょう。

・使用期間守って清潔に丁寧に扱う

レンズクイックで購入するコンタクトレンズは、使い捨てタイプのものです。
それぞれ使用期間があるものですが、使用期間を守るのは使用方法として無視するわけにはいきません。
なぜならば、それだけの耐久性しかないから使用期間が設けられているからです。
1日使い捨てのタイプでない限りは、外した後のレンズの手入れを怠るわけにはいきません。
外した後には消毒しますが、その前にこすり洗いは必要不可欠です。
消毒液に浸けておくだけでは、汚れや雑菌がレンズに残っているままであることも多いからです。
最近では洗浄と消毒をひとつの液で済ませられることも多いですが、その場合でもその液でこすり洗いした上で消毒する形です。
コンタクトレンズの使用方法で何よりも大事なのは、清潔に丁寧にレンズを扱うことでもあるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加